ビールの種類

2012/08/18

○ケルシュ
○ヴァイツェン ヴァイスビア シュタルクビア
○ブラウン・エール
○ベルジャンスタイルホワイト
○ペール・エール
○アルト
○ピルスナー
○スタウト ポーター
○シュヴァルツ
○ドライ・スタウト
○インペリアルスタウト
○IPA インディア・ペールエール
○ベルジャンIPA

その2


○ケルシュ
小麦と上面発酵特有の、ほのかにフルーティーな香り苦みを抑えた、なめらかでさわやかな口当たりと喉越し。フルーティな酸味がある。ドイツのケルン地方 大麦麦芽と小麦麦芽から作られる 上面発酵酵母を使用しながら、下面発酵並みの低温で熟成させる


○ヴァイツェン ヴァイスビア シュタルクビア
フルーティーな香りを持ち、ホップの苦味は少ない。南ドイツ地方で造られている白ビール 大麦麦芽と小麦麦芽で造られる


○ブラウン・エール
ホップが軽く、かなり口当たりのよい風味であり、ナッツの味がすることが多い。


○ベルジャンスタイルホワイト
ホップの風味は僅かであり、夏向けで非常に爽快な味わい。多少酸味がある
コリアンダー、オレンジ、ビターオレンジ、ホップで作られる


○ペール・エール
複雑な香りと深いコク、フルーティーな味。ホップ香が際立ち


○アルト
ロースト香が特徴で、苦みは強い。色は黒褐色


○ピルスナー
ホップ香が際立ち、ホップの苦みも強い。チェコのピルゼン


○スタウト ポーター
黒ビール。焙煎麦芽由来の珈琲やチョコレートを思わせる香りや、フルーティな香りが特徴


○シュヴァルツ
黒ビール。下面発酵。ローストされたモルトの香ばしい香りがあり、甘みが少なく、飲み終えた後に口の乾きを感じる苦味(モルトからくるもの)もあるが、ラガーの特長のすっきり感もある。


○ドライ・スタウト
ローストした麦芽の香ばしい風味とホップの苦みが特徴。甘みは少ないことが多い。


○インペリアルスタウト
長期の輸送に耐えられるようアルコール度を高くしたもの


○IPA インディア・ペールエール
ホップの風味が強くて苦味がある


○ベルジャンIPA
フルーティさとアメリカンIPAの特徴である柑橘系の香りに爽快な苦味を加味したビール